C3Dによる極浅水域での3次元測深技術システム

【NETIS番号 KT-090015-VE】

システム概要

AGSが開発した 『C3Dによる極浅水域での3次元測深技術システム』 は、2009年5月13日 国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)※1 に登録され、2012年10月31日 関東地方整備局より「公共工事等における新技術活用システム事後評価」を受け、工程に極めて優れ、経済性、品質、出来形、施工性に優れた技術であると評価されました。

この評価は、新技術活用評価会議における評価結果としてインターネット上でも閲覧できます。http://www.netis.mlit.go.jp/EvalNetis/EvalResultZ/KT-090015C1.pdf

本システムは、東日本大震災に対する復旧工事(計測・測量)においても実績を積んでいます。

※1 新技術情報提供システム(NETIS)とは、「公共事業等における技術活用システム」によって蓄積された技術情報のデータベースです。

システム概要

測量船の進入が困難な極浅水域や橋脚下など、GNSSが受信できない水域においても地形・構造物・底質性状(底質の硬軟)などの区分を音響画像や3次元情報としてデータ取得し、調査する技術です。本技術の活用により、極浅水域における施工性の向上とコストの低減が期待出来ます。

※2 C3Dの測深精度は、国際水路機関(IHO)のS-44(4th Edition)の"Special Order"に適合すると共に、『海上保安庁告示第102号』のスワス音響測深機として認定されています。

従来技術との比較

・水深の約5~8倍の幅で広く計測できる。
・シングルビーム(SB)の測線と異なり面的な計測となるため、縦横断のデータが任意に作成可能となる。
・航行制限区域内または、養殖棚など進入できない海底(水底)の計測が可能となる。
・水深が極めて浅い(0.4mから)箇所の計測ができる。

期待される効果

・海底(水底)の地形データを面的に取得できるのでシングルビーム(SB)計測に比し、経済性、施工性(短期内に作業が可能)に優れている。
・水深情報とサイドスキャン画像情報を同時に取得できるため、地形情報の信憑性が高い。
・鳥瞰図( 3次元画像)の作成ができる。

適用範囲

適用範囲

適用可能な範囲
 ・水深0.4~200mまでの船舶航行可能な水域

特に効果の高い適用範囲
 ・水深0.4~20mまでの浅域
 ・地形に起伏の少ない河川流域
 ・浅地及び安全条件のため近接できない水中構造物周辺
 ・GNSSの未受信となりやすい橋梁下部やダム湖での山際等

ダム・湖沼・河川・沿岸域においての
 ・深浅測量・河川縦横断測量
 ・橋脚護岸等の水中構造物調査
 ・地形(深堀など)・底質性状調査

実証実験

・C3D極浅海域における実証試験を横須賀長浦港で実施しました。
・TSによる位置把握システムの実証試験を鳴門海峡で実施しました。

採泥用ボート及び採泥装置
水底面下堆積層の音響による情報収集方法及び水底面下堆積層の音響による情報収集装置
水底の底質の推定方法
自律航行型地形計測システム ASV
C3Dによる極浅水域での3次元測深技術システム
遠隔操作無人探査機(ROV)による水底部微地形計測システム