• アークジオサポートTOP
  • 事業・実績
  • システム紹介
  • 会社概要
  • お問い合わせ

システム紹介

Sonic2024

中深海計測用(水深500m)・i-Construction対応

中深海計測用(水深500m) ROV搭載用

ROV(各種) / AUVに対応・可変スワス・測深密度優先・狭いスワス設定

Sonic シリーズは、新型(第5世代)のマルチビーム測深機として開発された小型・高性能マルチビームです。200kHz~400kHzの可変周波数と60kHzの広帯域信号処理により1台で0.5×1.0°の高分解能から最大500mレンジの測深まで対応が可能です。(可変周波数、可変スワス、小型船上ユニット) また、従来のプロセッサーモジュールは全てソナーヘッド内部に収納され、船上ユニットは簡単に移動可能な小型インターフェイスモジュールのみとなりました。

これによりSonic 2024は、1台で従来の舷側固定の計測からROVに搭載した中深海用の計測まで、多種多様な計測フィールドへ対応が可能です。

Sonic 2024 の仕様

周波数 200kHz~400kHz
ビーム幅 進行方向0.5° 直交方向1°(400kHz)
ビーム数 256
測深モード EA(Equi-Angle:等角度測深) ED(Equi-Distance:等密度測深)
スワス幅 10°~160°(可変)
水深 500m(※環境条件に依存します)
レンジ分解能 1.25cm
パルス幅 15~1,000μ

Sonic 2024 の特徴

1.第5世代のソナー技術:200kHz~400kHzの広帯域周波数
・分解能優先:高周波数
・レンジ優先:低周波数:10°~160°の可変スワス
・測深密度優先:狭いスワス設定
・水面付近までの計測優先:広いスワス設定:軽量,コンパクト,省電力

2.進行方向1°,直交方向0.5°(最大)の分解能

3.高分解能サイドスキャン"Snippets"(オプション)

4.GPSタイムタグのソナーデータ

5.100m/3,000m耐圧

6.最大60kHz広帯域信号処理

7.簡単な取付・操作

アプリケーション

:水路測量
:浚渫出来高管理
:港湾ICT
:水中考古学調査
:パイプライン敷設調査,実地調査
:水産生息環境調査,水産構造物(魚礁)調査
:海洋研究
:沿岸監視
:水中土木工事調査
:中深海の沈没船探査

実績のご紹介はこちら
お問い合わせフォームはこちら