• アークジオサポートTOP
  • 事業・実績
  • システム紹介
  • 会社概要
  • お問い合わせ

システム紹介

SEABAT8125 (高精度深浅測量・計測用)

3次元で海底・湖底・水産(魚礁・藻場)の地形データも同時に収集

SEABAT8125(高精度深浅測量・計測用)

SEABAT(シーバット)8125は米国RESON社の超音波による海底などの測深システムです。船に取り付けられたソナーヘッドと呼ばれる装置から、240本の測深ビーム(マルチビーム)を120°の扇形に1秒間に最大40回(通常は1秒間に10回程度)出力し測深データを収集することができます。

従来の方式と違い、モーションセンサー、ヘディングセンサー、GPSの各装置と連携して海底や湖底などを面で捕捉することができるため、より多くの、より精度の高い測深データを取得することができます。

しかし、大容量のデータを取り扱うため最新の計測技術とともに、高度な画像解析技術が要求されるようになります。

SEABAT8125の特徴

クロスファンビーム方式

SEABAT8125に採用されているマルチビーム測深の方式は、クロスファンビーム方式と呼ばれるもので、船と直交方向に幅が広く、厚みの薄い扇状の送波ビームを発信し、送波ビームとオーバーラップして、船の前後方向にピッチ分の角度を保証する幅の受波ビームを形成し、送受信ビームの交点を計測することにより、多点にわたるナロービームの測深を行っています。

SEABAT8125は、測深機からビームを横方向に扇状に発射し240点を1度に計測することで面的なデータ取得を可能にしています。

実績のご紹介はこちら
お問い合わせフォームはこちら