• アークジオサポートTOP
  • 事業・実績
  • システム紹介
  • 会社概要
  • お問い合わせ

システム紹介

EdgeTech 4600 (スワス音響測深機)

EdgeTech 4600

EdgeTech社製スワス音響測深機4600では、500kHzの周波数によりリアルタイムで海底面の高解像度データを取得すると同時にサイドスキャンデータを取得する事が出来ます。

測深直下の計測にロスが極めて少なく、幅の広い測深とノイズが少ない計測を保証します。

AUV(無策式自立航行ロボット)またはROV(遠隔操作無人探査機)に搭載可能です。

4600はノイズが非常に少なく、解析時間の大幅な削減が期待できます。

EdgeTech 4600 の仕様

周波数 500kHz
測深スワス幅 海底からの高さの10~12倍 150m スワス幅
サイドスキャンソナー
分解能
2cm
サイドスキャンソナー
水平ビーム幅
0.5°
バルスの方式 CW & CHIRP (フルスペクトラム チャープ方式)
発振間隔 両舷同時に発振 最大 50Hz まで可能
パルスの幅 15μs (CW) ~ 1.1ms (CHIRP)

曳航体の仕様

ボディーの材質 アルミニウム
長さ 120cm
26cm
直径 23cm
重量 44kg
実績のご紹介はこちら
お問い合わせフォームはこちら