• アークジオサポートTOP
  • 事業・実績
  • システム紹介
  • 会社概要
  • お問い合わせ

システム紹介

DIDSON (水中音響カメラ)

濁水や夜間でも水中撮影が可能な2周波音響カメラ

DIDSON(米国Sound Metrics社製) は、超音波を使用した音響ビデオカメラであり、光学式水中ビデオカメラでは撮影が不可能な夜間や濁った水中での撮影が出来ます。 鋭い音響ビームによりターゲットを撮影する機能を持ちます。

DIDSON とは Dual Frequency IDentification SONar (2周波識別ソナー) の略です。1.8MHz及び1.1MHzと極めて高い2つの周波数の超音波を使用し、それぞれ0.3°(横)×14°(縦)×96本あるいは0.6°(横)×14°(縦)×48本の音響ビームによる反射でターゲットを映像化します。

1.8MHz の高解像度モードでは、約15m程度までの近距離において高い解像度の映像を得ることが出来ます。水中生物だけでなく水中のロープや綱、水中構造物の劣化状況等も詳細に映像化することが出来ます。

1.1MHz の標準モードでは約40mの視認レンジを持ち、遠方のターゲットを撮影出来ます。

DIDSONの仕様

仕様 標準モード 高解像度モード
動作周波数 1.1MHz 1.8MHz
ビーム幅 水平 0.6° 0.3°
垂直 14° 14°
ビーム数 48本 96本
レンジ 1~40m 1~15m
最大フレームレート 4~21フレーム/秒(レンジに依存)
視野角 29°
リモートフォーカス 1m~最大レンジ
消費電力 30W定格
空中重量 7.0kg
水中重量 0.6kg
寸法 30.7cm×20.6cm×17.1cm
耐圧 300m(オプションで1,000m及び3,000m)
ディスプレイ出力 イーサネットもしくはNTSCビデオ

スキャニングソナー

【Kongsberg Mesotech Ltd.製のMS 1000 Scanning Sonar】
スキャニングソナーとは、ヘッド部分が回転可能な音波探査機です。
人の入れない下水管や沈殿槽等、狭い空間においても沈殿物の計測が速やかに実施できます。

実績のご紹介はこちら
お問い合わせフォームはこちら