• アークジオサポートTOP
  • 事業・実績
  • システム紹介
  • 会社概要
  • お問い合わせ
アーク・ジオ・サポート TOP > AGSのNETIS・特許情報

AGSの特許情報

水底の底質の推定方法

特許 第5939677号 登録日 2016年5月27日

C3D-LPMの収録データからカテゴリーごとに底質を区域分類します。

システム概要

AGS独自に開発した底質区分プログラムは、従来の反射強度データによる底質区分ではなく、C3Dに代表されるインターフェロメトリ方式で同時収録されたデータ(反射強度データおよび3次元地形データ)を最大限に活用し、底質をより高い精度で区分するものです。 

一度の計測で海底地形の把握と底質の把握を行うことができるため、広範囲における調査では作業期間の短縮とコストの圧縮を行うことが可能となります。また、底質区分により海底における組成の違いを面的に捉えることができるため、環境影響調査への応用や魚礁設置の適地選定、構造物設置のための事前・事後・出来形調査などへの応用が考えられます。 

底質区分プログラム

採泥用ボート及び採泥装置

特許 第5300611号 登録日 2013年6月28日

浅水域の地質を調査するためのボート搭載用小型ピストンコアラーを開発しました。この浅水域用小型ピストンコアラーは一般車両により移動ができ、水深1~100mの河床・海底・湖底から地層サンプル(柱状試料・底質判別試料)の採取ができます。 設置する船体として小型ボートを用いているため、浅瀬を航行する事ができます。従来の通常の船体では不可能であった浅瀬における採泥もできます。

システム概要

主ウェイトの下に付けたピストンコアラーを海底直上で自由落下させ、海底に押込み堆積物を採取します。

海底面下数十cm~1mの長さで柱状の乱さない地層サンプルの採取が出来ます。(泥・砂泥等の底質採取ができます)

この小型ピストンコアラーは、分解することができるため可搬性に優れています。

主ウエイトはケース内に収容する複数のウエイトから構成されています。複数のウエイトはケースから取り外せるので、取り扱いが簡単です。小型ピストンコアラーの組立ては大人2人で出来ます。

本体全景、コアサンブラー全景

活用分野

採泥用ボート

粒度組成・底質区分
・浅海域の底質調査
・浅水域の底質調査
・汚泥域底質調査・漁場環境調査

柱状採泥
・湖沼堆積物調査
・貯水池堆積物調査
・河床堆積物調査

お問い合わせフォームはこちら
コラム

i-Constructionへの取り組みについて
港湾分野でのICT導入
≫続きを見る
ブログ