Sonic2026

中深海計測用(水深1000m・i-Construction対応)
ワイドバンドマルチビームソナー中深海対応モデル

最大水深1,000メートルを目標に、170KHz~450KHzの可変周波数に対応、従来にない0.45°×0.45°(450 KHz)とシリーズ最高の分解能を有します。オプションの90/100KHz周波数使用で舷側艤装可能な小型システムでありながら水深800メートル以上ある中深海での調査を実現。
マルチビームソナーや音響カメラ等を併用することで構造物の損傷確認、洗掘調査等に対応。

また、ロール/ピッチスタビライズ機能の搭載により、深度によらず安定したデータの収録が可能です。

任意設定可能な周波数及びスワス幅・方向

Sonic2026は、データ収録中での周波数・スワス幅・スワス方向をコントロールソフトにより任意に設定可能。分解能を優先する場合には高い周波数、レンジを優先の場合には低い周波数に設定。



Sonicの超高密度計測技術(UHD技術)により、
詳細な設計にも使用可能な高密度の点群データも作成可能です。

周波数は1Hz単位で変更でき、調整により他の音響機器との干渉を軽減することが可能です。また、構造物を水面付近まで計測する場合はスワス幅を広げ、精密な海底探査を行う場合はスワス幅を狭め、測深密度を上げて計測が可能になり、構造物、岸壁など特定の方向にフォーカスを絞るスワス方向への切り替えも有効。この可変な周波数とスワス幅 / 方向の変更が幅広い計測目的への対応を可能にします。

Sonic 2026 の仕様

周波数170kHz~450kHz
ビーム幅
(450kHz使用時)
進行方向0.45° 直交方向0.45°
ビーム幅
(90/100kHz使用時)
進行方向2.0° 直交方向2.0°
測深モードEA(Equi-Angle:等角度測深) ED(Equi-Distance:等密度測深)
スワス幅10°~160°(可変)
可探水深1000m(※環境条件に依存します)
レンジ分解能1.25cm
パルス幅15μs~2ms

Sonic 2026 の特徴

● 第5世代のソナー技術(中深海用)

● 170kHz~450kHzの広帯域周波数
・分解能優先:高周波数
・レンジ優先:低周波数

● 10°~160°の可変スワス
・測深密度優先:狭いスワス設定
・水面付近までの計測優先:広いスワス設定

● 軽量,コンパクト,省電力

● 進行方向0.45°、直交方向0.45°(最高)の分解能

● 最大測深点数1024(1スワスあたり)

● オートパイロット機能(パワー、パルス幅、レンジ、ゲートの自動設定)

● 100m 耐圧

● ロール / ピッチスタビライズ機能

C3D-LPM
Sonic2026
Sonic2024
ARIS
ASV
小型ピストンコアラー
FARO Focus S350
EdgeTech 4200MP
PDR-8000
PDR-1300
SB216
SH-20